outforaspin_edition04_jpg0014

エディション4 – ローリング・ストーンズのせいで8歳の僕は授業を追い出された

-     -

SFCC限定アレックスのブログ“Out for a Spin”より抜粋。全文はこちらから

僕と父さんの関係は、控えめに言っても独特なものだった。口論なんてしょっちゅうだったし、あらゆる事柄に対して意見が合うことはなかったんだ…音楽以外はね。僕は”ラジオが常に流れてる”タイプの家庭で育った。母さんはエルヴィス、バディ・ホリー、チャック・ベリー、ジェリー・リー・ルイスなどロックンロールが大好きで、父さんはレッド・ツェッペリン、ブラック・サバス、CCR、ニール・ヤング、デビッド・ボウイ、ローリング・ストーンズ、ピンク・フロイドなどブルースの影響を受けている曲が好きだった。僕が、父と息子、男同士の会話ってものを初めて経験したのは8歳のとき。夕食をとりながら両親に、学校の先生が音楽の歴史の中で最も素晴らしいバンドはモンキーズだと言って、授業でアルバムを流してくれたと話したんだ。父さんは食べていたミートパイを喉に詰まらせながら「何だと?!?先生が何て言ったって?!?」と言い、僕を見つめながら「よし、ついて来い…今すぐに!!!」と言った。

というわけで、夕食の最中に(僕は訳がわからないけど、きっと怒られるんだと思った)図体のでかい男は息子を小さいアパートのリビングルームへ連れていき、人生において知るべきことを教えようとしたー『The Rolling Stones and the nature of true rock music』。まるでそれが当然のことのようにね。父さんは僕が音楽的に男になる時期だと考えたのさ。純粋無垢な時代は終わり。”ママの楽しいロックンロール・ソング”はもう止めだ。子どもというカーテンを降ろし、ありのままの世界を見るべき時期だと判断したのさ。それが魚釣りへ行く経験の人もいれば、初めてのビールだったり、どのスポーツのどのチームを応援すべきで、嫌うべきかっていう理由になる体験だったり、文学、哲学、詩、視覚芸術品への入り口…信仰への入り口になる人だっているだろう!でも、僕の父さんは、この世で一番大切だと信じることは、”ザ・ローリング・ストーンズ”にまとめられていると説明する時間をとったんだ。

artist_ig_web

Week 10: Andrew Bird

-     -

ジャジーな気分でアイスランドを去る

メモ:このSpotifyプレイリストは家に帰る飛行機を待っている間、レイキャヴィークの空港で書いたものだよ。

エアラインのフライトキャンセルを受けて、僕と撮影クルーの滞在が予定よりも長くなり、かなりカオティックで悪夢のようなアイスランドでの最後の時間を過ごしたあと、僕は今、レイキャヴィークの空港で帰りの飛行機を待っている。

さまざまな混乱を経て、複雑な状況の中、ギリギリで飛行機のシートを見つけられて感謝してるよ。特に多くの人たちがーというか全ての人たちーが、何の答えもないまま、そして家に帰る別の方法を見つけられないまま、今もアイスランドから出られずにいるから。全くファンタスティックでインスピレーションに溢れた旅の終わりが、こんなだなんて変だけど、どんなユニークな物語も究極的には、こういう信じられない出来事から生まれているのかもしれない…もしそうなら、この旅は控えめに言っても、全く特異な旅だって言えるよ!

IMG_2887

Week 9: SUPERNOVA 1006

-     -

憂鬱な美しさ…素晴らしさの恵み

ここ2回に渡ってシェアしたSpotifyプレイリストで受け取ったコメントに今もまだ笑ってるよ。特に”認めたくないけど好きな曲”っていうのは、人には内緒で聴いている曲だとみんなに思わせておきながら、僕のプレイリストはIggy Pop、Lou Reed、John LydonにSiouxsieなどで埋まっていたから…Rebecaからはこんなメッセージを受け取ったよ:「Alex、認めたくないけど好きな曲って言いながら、Johnny RamoneとDavid Byrneの名前が出てくるってどうなの?完全にクールじゃない!けど、少なくとも素晴らしい曲をシェアしてくれたから許すわ!」君の思いやりに溢れた優しさをどうもありがとう…次週からは心を改めるって約束するよ 😉

今週は最高に忙しかったんだ。僕は美しい春がやってきたバージニアの高原を去って、モントリオールに数日滞在して、今年のレコード・ストア・デイのための特別なプロジェクトに取り掛かり、Benとの次のスタジオセッションのスケジュールを組んで、そして僕のアルバム『Windows in the Sky』からの曲の新しいミュージックビデオ撮影のために、再び空港に向かってる。楽しい時間が待ってるよ!!!

機内で何が一番好きかって、他のどことも違って音楽へと没頭できること。チャットもメールもなく、ただ音、ノイズと言葉があるだけ!これは自分に与えられる究極の喜びの一つで、今回は僕の友人AndreyのバンドSUPERNOVA 1006を聴こうと思ってる。サンクトペテルブルク出身の素晴らしいバンドで、数年前にとてもランダムな形で発見したんだ。あるプロモーターが僕と Your Favorite Enemies のロシアツアーを企画していたんだよ。僕がタンジェに2年ほど行かなかったら、実現していただろうものなんだ!!!それで、僕は一緒にツアーができる地元バンドを色々と探していたんだけど、その時にSUPERNOVA 1006を知ったんだ。なんて良い発見だったんだろう!素晴らしい音楽、シャープな作曲に並外れた人たち…僕はすぐに彼らの7インチレコードを買ったよ!

page_artiste

Week 8: Talking Heads

-     -

“認めたくないけど好きな曲…”パート2

ここ2週間“認めたくないけど好きな曲…”というテーマで、僕のウィークリー Spotify プレイリストにたくさんの曲とストーリーを受け取ったよ。面白いものから、美しく深いものまで。長年の友人から受け取った曲もあるし、タグ付けされたくない人たち、僕がシェアするストーリーについてもっと詳しく知りたい人たち、クールじゃない、一般的な曲しか聴かないっていう人、Spotifyにいないアーティストを送ってくれた人などなど。僕としては、どんな人も大歓迎だ。けど、どれだけクールか、クールじゃないかとか、どれだけアンダーグラウンドかどうか、どれだけ実験的音楽かどうかに関わらず…一番大事なのは、その曲に君がどれだけ心を動かされたか。

このプレイリストは、僕がどの曲をクールに思うか、思わないか、についてじゃない。そうだったら、すごくつまらないよ。それに、10、15、20曲を集めた30分のフィードバックと音の悪いレコーディングのプレイリストを誰が聴きたいと思う?そこまで多くないと思うな…!僕のバンド仲間は毎回スタジオの横を通るたびに:”アレックス、君のフィードバック・セラピーが終わったら呼んで。そうしたら君に混ざるよ…”ってね。だから、改めて、曲をシェアするのは誰でも歓迎だよ 😉  

世界中から曲の提案を受け取ることは、音楽が様々な感情を表現できるユニークで素晴らしいものであり、僕の人生で出会うことすらしなかったかもしれない様々な人たちと交流をさせてくれるパワーがあるっていう揺るぎない証なんだ。だから、というわけで、“認めたくないけど好きな曲…”パート2がこれだよ。

Week 8
アーティスト:Talking Heads

今週はプレイリストの曲を集めるのが、いつもより少し難しかったんだ。理由はいつもより音楽に注意を払っていなかったから。だから少し気分が落ちていたのかも…そして、3月は僕と他の @YFE メンバーにとって忙しい月だし。だから、フィーチャーしたいバンドについて躊躇していて、自分が何をシェアするべきか意識しはじめた。(そう、クールに見られたいって思う心さ!)それから、締め切りに遅れて、ぼくの文章を翻訳してもらうために送って(そうだよ、実際の人に訳してもらってるんだ。機械じゃなくてね!)…今日、これを書いている月曜日の午後に、ようやく自然とシェアしたいものが見えてきた。Epixでイギー・ポップのドキュメンタリー“Punk”の最初のエピソードを見たあとにね。でも、ごめんよ、イギー。今回シェアするのはザ・ストゥージズでもラモーンズでもないや!

実は、”パンク”とは何かというヴィジョンにおいて、僕は自分と同じ考えを持つ人にあまり会ったことがない。それは、数年前Your Favorite Enemiesの“Shadows of Dreams to Come”ツアー中、あるプロモーターとした会話から、よく分かると思う。

プロモーター:“じゃあ、アレックス…君にとってパンクとは何だい?セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュ、ラモーンズ…?”
アレックス:“…トーキング・ヘッズ”
プロモーター: “あはははははは…”
アレックス: “いや、でも本当に…”
プロモーター:“あははははは!!オーケー、アレックス…真面目に!”
アレックス:“トーキング・ヘッズ”
プロモーター:“….”
アレックス:“パンクってのは、トレンドかどうかに関わらず自分の好きなことをするってことじゃないのか?”
プロモーター:“トーキング・ヘッズはパンクじゃないだろう”
アレックス:“ラモーンズ, ピストルズ, ザ・クラッシュはそのあと…トーキング・ヘッズはトレンドを追っていなかった。ただ自分自身でいただけだ。あとに続くコピーじゃなかった、そうだろう?”
プロモーター:“君の言うことは分かる…でもトーキング・ヘッズは違うよ…!”
アレックス:“僕としては、モーツァルト、ルター、ダヴィンチ、ダリ、ヘミングウェイ、キャッシュ、バロウズ、パブリック・エネミー… みんなパンクだ”
プロモーター:“デヴィッド・バーンは違うだろう…奴は変人だ”
アレックス:“同意できなくて悪いけど、でもデヴィッド・バーンは僕にとってパンクだよ”
プロモーター:“分かったよ、じゃあ今夜君のパンクが何か見せてもらおう…”

IMG_9910_edit

Week 7: Madness

-     -

“認めたくないけど好きな曲…”パート1

今回も、みんなからとても多くの曲とそれにまつわるストーリーを受け取って、とても光栄に思っているよ。本当にたくさんの人が曲を送ってくれたから、50曲以上のプレイリストを作る代わりに、2つのパートに分けて、2週に渡って更新するSpotify プレイリスト“認めたくないけど好きな曲 – スーパーデラックス”って呼ぶことにしたんだ。だから君の曲をより発見/再発見する機会があるだけでなく、君の「認めたくないけど好きな曲」を今から送ってくれても大丈夫だよってこと! 😉

Week 7
アーティスト:Madness

Madnessを知ったときの瞬間をいつだって覚えてる。僕はモントリオールにあるお気に入りのレコードストアにいたんだ。学校の授業をズル休みして、この日の夜にPILのオープニングを務める地元バンドのギグに参加する予定だった。ストア内でクールな音楽が流れ始めたとき、僕はハードコアのミュージックセクションにいたんだけど、これまで聴いたことのない音なのに、僕の好きな他のバンドの音が全部ミックスされてるみたいに聴こえたんだ:管楽器、ジャズピアノ、コントラバスなど。でも、いつもとは違う風に楽器を使ってるみたいだった。僕は「待って、何だろうこの音楽?」って思って、もう既にDon LettsとJoe Strummerのおかげでレゲェには親しんでいたけど、あの瞬間こそ、その後長く続く英スカミュージックへの愛の始まりだったよ…Madnessに感謝さ! 🙂

ig_website

Week 6: Nick Drake

-     -

“君のことなんか好きになりたくないのに…”パート2

今回も、みんなからの曲とそれにまつわる話を読んで、本当に感動したよ。とても心が痛むものから、ちょっと面白いものまでね!僕のウィークリー @Spotify プレイリストをただの曲の寄せ集めではない、より興味深くて意味のあるものにしてくれて、どうもありがとう。

だから、今回はフランス、パリに住むZoéからの質問に答えることにしたんだ:「初めての失恋はどんなものでしたか?そして、その心の痛みを乗り越えるためにどんなバンドやアーティストを聴きましたか?」

Week 6
アーティスト:Nick Drake
http://smarturl.it/AHFdigitalnoises

“最初の失恋の傷が一番深い”っていう表現が、心の痛みにおいて本当には何を意味するのか分からないけど、ハイスクール最後の二年間に、人生でこれ以上打ちひしがれることはないと思った経験をしたことがある。当時の僕は”愛”を他の子たちと同じように捉えていなくて、デートもしていなかったし、「この人と付き合いたい」って思われるタイプでもなかった。特に14、15歳の年頃の子たちにとって、ドイツの哲学者カントの視点やボードレールの作品にハマるような男は、カッコいいって思われる対象でもなければ、一緒にいて楽しい人っていうポテンシャルすらないんだということに早々に気づいたんだ。

だからこそ、初めての失恋は、別れからくるものじゃないけども、僕がハイスクール在学中ずっと深く思っていた人と意気投合することはないんだっていう酷い認識からくるものだった。でもそれは、数年にわたって、仲の良かった友人たちが僕の明らかな好意を様々な方法で伝えようとしなかったからではないんだよ…でも、僕は理想主義的なところがあって、秘密裏に最後に勝つのは人気のある奴じゃなくて、詩人なんだってどこかで信じていたのかもしれない…だって、そうだろう?!

post_artiste

Week 5: Damien Rice

-     -

“君のことなんか好きになりたくないのに…”

僕のSpotifyプレイリストの今週のテーマはこれ以上ないくらい僕にぴったりらしい。だって、親愛なる大切なYour Favorite Enemiesのバンド仲間に何かオススメの曲はあるか聞いたとき、みんな口々にこう言ったんだ:「数曲だけ選ぶなんて難しいんじゃない?だって、君が聴いているほとんどの音楽は果てしない自殺願望を想起させるようなリストカット・サウンドトラックみたいなやつばっかりだから」って。そう、ご覧の通り、彼らとの会話はいつだってインスピレーションに溢れているんだ。特に、プレイリストの曲を集めるような、とてもスピリチュアルな事柄に関してはね…まったく!それでも彼らのことは大好きさ!

一つだけ確かなのは、君たちが送ってくれた曲とそれにまつわるストーリーを全て読んだってこと!感銘を受けるような心の解放から、虐待的なサイクルを止めたこと、ある人と別れたことによって本当に特別な人を見つけられたこと、アイデンティティの崩壊が、アイデンティティの肯定に変わったこと、浮気から起こる悲劇、それを許した心、そして毒々しい不健康な関係がようやく終わりを迎えた瞬間の喜びまで…みんなの話を読むのは、とても感動的で、慎ましい気持ちになったよ。本当に、僕を信頼してくれてどうもありがとう。君の寛容な心に感謝してる。

Week 5
アーティスト:Damien Rice

week_4

Week 4: Nouvelle Vague

-     -

“愛の名のもとに…”

このテキストを書いたのは、ワシントンDCからバージニア州にある僕の隠れ家に向かう飛行機の中。LAへ行く前に数日間、ここに滞在するんだ。僕の Spotify プレイリスト“Digital Noises for Analog Souls”のために皆が送ってくれた曲を全部、聴いたよ。たくさんジャンルの違う曲があって、すごく感銘を受けたし、みんながその曲と持つストーリーを読んで感動した。こういう君のちょっとしたヒストリーを知ることができて嬉しいし、心をさらけ出してくれる、その信頼にとても感謝してる。そのおかげで、教えてくれた曲たちは僕にとっても意味深いものになったよ…音楽はまさに交流についてだ。

今週のプレイリストの公開が、バレンタインデーに近いというのは無視できない事実だった。バレンタインデーってあまり好きじゃないんだけど、この商業的な愛のお祝いにちょっとばかし「ノイズ」を加えて、僕自身も楽しむことにしたよ。君の特別なディナーを台無しにしないといいな。または、ファジーな夜の音楽に気まづい空気を与えなきゃいいんだけど。というのも、曲選びをしてた時に近くを通りかかった Jeffの言葉でちょっと不安になったから…
ジェフ:”おぉ!ウィークリー・プレイリストの準備だね?“最悪なデートがおかしな感じに終わった”っていうテーマのソングリストを作ってるの?気味悪くて良いサウンドだね!”
僕:”え、どういう意味?!”
ジェフ:”何でもないさ!曲は最高だよ。でも、もしもロマンティックな夕食とか甘い雰囲気についてなら…君のプライベートライフについて、色々物語ってるね、ブラザー!”
僕:”何だよ、それどういうこと?”
ジェフ:”別に”
僕:”え?!?”
ジェフ:”何でもないってば!そのままで大丈夫さ!プレイリストは最高だ!”

Week 4
アーティスト: Nouvelle Vague

だから、ジェフからの明らかな”ロマンチックいじめ”に関わらず、第4回“Digital Noises for Analog Souls”プレイリストのテーマ“愛の名のもとに…”にフィーチャーするアーティストは、フレンチバンドのNouvelle Vague。彼らは最も「解放」を表した、ムーディーなタイプのバンドだと思う。彼らのことは10年ほど前に、アクシデント的に知ったんだ。

week_3

Week 3: Son Lux

-     -

先週は毎日のように移動していた。そして、どこかに移動する時に聴く音楽には少し気をつけてるんだ。こういう言い方が正しいか分からないけど。何というか、慎重になるんだよね。

というのも、耳にする曲やアルバムの音、言葉、雰囲気だけでなく、細かい音の詳細への理解とか、囁かれている声が、聴いたあとの僕のムードを決めるって思うから。特に飛行機に乗るときは、何故かよりセンシティブでエモーショナルになるから、完全に音楽へと浸って、心を解放できるようなものを聴きたいと思ってる。

今週の Spotify プレイリスト“Digital Noises for Analog Souls”はアメリカ人アーティストRyan Lottと、彼の驚くべきプロジェクトSon Lux!ライアンの曲を初めて聴いたのは2009年、ある友人が素晴らしいアルバム『At War with Walls & Mazes』をプレゼントしてくれたんだ。「俺はこのバンドが嫌いだから、きっと君は大好きなはずさ。感想を教えて!」って言ってね。そう…彼は正しかったよ。だって、その後2ヶ月間くらいずーっとノンストップで聴き続けたのを覚えてるんだ。その友人は僕と話すらしなかったけどね!彼はこんな素晴らしいアルバムを僕に渡すべきじゃなかったんだ!そうだろう?でも、ものすごく感謝してる!

alex_spotify_playlist_week_2_option_1

Week 2: MONO

-     -

僕が個人的に選んだ曲で作った新しいSpotifyプレイリスト“Digital Noises for Analog Souls”を紹介したあと、みんなからたくさんの提案を受け取って、本当にびっくりしたし、嬉しかったよ。音楽はヴィジュアルアートと共に、誰もが共有できる純粋な表現方法だと思う。そこにある感情を感じるために、細かい分析やオーバーな説明は必要ない。だから、改めて、君のお気に入りの曲をコメントやダイレクトメッセージを通して、”お気に入りの曲プレイリスト10曲目”とか、そういう言葉を添えて、送ってくれてどうもありがとう。週1回更新するプレイリスト“Digital Noises for Analog Souls”の10曲目はいつだって、君たちのスポットだ。

このチョイスはバイアスを生むだろう。MONOの新作『Nowhere Now Here』について言葉を書く前から分かっていた。まず、僕は2007年に東京のタワーレコードにあった小さなスクリーンで彼らのアルバム『You Are There』を聴いたときからMONOのファンなんだ。当時はインスト音楽ってあまり馴染みがなかったんだけど、MONOはその表現への扉を開いてくれた。それはのちに、僕の表現における重要なパートとなり、そして僕をMogwaiやExplosions in the Skyなどのバンドへと導いたんだ。でもMONOはいつだって、特別だった。

それからアルバムリリースを逃したことはないよ。でも、それよりも、僕は彼らと一緒に成長をし、進化をし、ファンとしてそれを経験することができた。それって結構、難しくなってきてるんだ…特にエンターテイメントの魔法のカーテンの裏側を知って、かつてお気に入りのアーティストの物語に感動していた純粋な心を失ってしまったから。でも、そんな中でもMONOは、心を偽ることなく創作をするアーティストであり続けている。多くのアルバムをリリースし、ツアーも多く経験したあと、その正直さがどれだけ簡単に汚れてしまうかを知ってるんだ。その理由が何であれ、正しかろうと、間違っていようとね。それでも、僕にとってMONOは、そんな本物、正直さの中で消えていく現実への個人的な錨のような存在なんだよ。

バンドが新しいシーズン、新しい始まりとして、伝説的なプロデューサーであるスティーブ·アルビニ(Fugazi, Pixies, PJ Harvey, Nirvana)と再びタッグを組むと聞いて、すごく興味津々だったんだ。スティーブはお気に入りのプロデューサーの一人で、僕が生涯好きであろうアルバムを何枚もプロデュースした人だ。でも、最近のリリースは正直あまり感動しなくて、驚きもしなかった。間違わないでね。一ファンとしての視点で言ってるだけで、尊敬してるんだ。良いアルバムではあったし、僕は実際好きだけど、でも『The Last Dawn』と『Rays of Darkness』は、いつもなら強く感じる浸りたいという欲求をあまり感じなかった。バンドがスティーブ·アルビニと働くためにシカゴに戻ったと知り、さらにオリジナルメンバーだったYasunori Takadaさんが脱退したと知って、その夕暮れと日の出のあいだにある薄いラインが、どんな音楽を生むのかと興味があったんだ。

僕はアルバムを公式リリースの数週間前に聴く素晴らしい特権を得た…言葉にならなかったよ。僕をよく知る人なら、僕がそう簡単に驚いたり、感激したりしないって知ってるはず。でも正直、『Nowhere Now Here』は良くデザインされた心地良い場所のようなアルバムだと感じるんだ。僕は感動した。説明できないほどにね…それは、あらゆる可能性において素晴らしいよ。だって、純粋な感情へと立ち返るから。その感情が個人的な高揚にどう道を敷くかって頭で理解しようとせずにね。それも最近、だんだんと難しくなってきてると感じるんだ。

言いたいことをまとめると、まぁMONOのような特異なアーティストについて話すときに、まとめるなんてことができるならだけど…『Nowhere Now Here』は、2007年に東京のタワーレコードで初めてバンドを知った瞬間へと引き戻してくれた。タワレコの小さなモニターから目が離せなくなったあの瞬間。まるで、それ以外は目に入らないかのように。でもそれはノスタルジーじゃないんだ。この新作アルバムは、僕自身が心に抱く光と影と同じスペクトラムの中で進化したバンドの音なんだと思う。どの曲も、長い旅路における一瞬を表してる。脆くて、繊細。完全に受け入れたような気持ち。それは、アルビニが手がけるアルバムにある素晴らしく意味深いシグナチャーの回想だ。純粋で、生々しく、正直で、なんとなく彼自身よりも偉大であり、もっとクレイジーに言えば、バンド自身よりも偉大なるもの。

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択