ofas-sonic-youth-3-1

脳外科医になってたかもしれない…けどソニック・ユースに出会ったんだ

-     -

SFCC限定アレックスのブログ“Out for a Spin”より抜粋。全文はこちらから

史上最高の作曲家の一人、グレン・ブランカを偲んで。彼の代わりになる人はこの先、現れないだろう。

人生の悪循環の始まりがどこだったか考えたとき、あの時だってはっきりと指摘できる瞬間がある。そして、それは自分で思ったり、願うよりも、実はずっと早くに始まってるんだ。ちょっと視点を持つだけで、そういう瞬間をはっきりと認識できて、どこで間違ったんだろうっていう問いの答えや説明のヒントを探しに過去を思い出すとき、逆にもうそれ以外見つからなくなったりする。既に素晴らしかった人生のどこで道を誤ったんだろうってね…まぁ、13歳の僕が考えていたように考えるならだけど…というわけで、当時の記憶を回想してみよう。いつの間にか、それが“Out For a Spin”のマントラに、そして僕には、どうやら安めのセラピーの役目になってるみたいだし…!まぁ、とにかく、こういう話なんだ:

僕は14歳間近の13歳だった。既に問題を起こしていた(問題を抱えながら)。僕は友人たちが少年院で過ごしているように学校生活を送っていた。僕にとって学校という場所は、良い日ならば退屈で、それ以外は酷く憂鬱な場所だったんだ。けど、成績はなんとかグレードAを保っていた。だいぶ不思議なんだけどね。だって、覚えている限り、僕には軽い失読症の症状が出ていたし、ハイスクールまでは2年間続けて同じ学校に通うこともなかったから。時には1年に2、3回、学校が変わることもあったんだ。家の経済的理由でね。常に新しい街、新しい学校、新しいいじめ、新しい世界…どうにか馴染もうと頑張っていた子供時代、それはずっと続いたんだ。

なぜだか、僕はいつも”特別”な授業に入れられてた。他の子たちよりも習得が早い(そして、宿題をちゃんとやってくる)生徒たちのために組まれた、アカデミックな上級クラスのプログラムだ。そのおかげで、ハイスクールは全く居心地の悪い場所になった。だって同じクラスの人たちはみんなクールに着飾るっていうコンセプトも、ヨーロピアン・サマー・バケーションを取ることも、家族なのに車を2台持つことの意味すら理解していなかったからね。(両親の車はどれも、僕が学校へ着ていく服と同じくらい周りとは違ったんだ…本当だよ!)僕は一匹狼さ。それが、いわゆる僕の人生だった。小学校の頃は授業の終わりを告げるチャイムが鳴るのと同時にボコボコにされたよ。どんなに転校を繰り返してもね。そしてハイスクールは…まぁ、控えめに言っても複雑だった。

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択