Most Live To Say Goodbye, Some Die To Feel Alive

-     -

ニューヨークは、僕にとって魅惑的な存在だ。アイコニックな響きによるものではなくて、街全体が一つの世界のようにして回っているような、ほとんど架空のコンセプトのような…まるで、旋回する動きには時間さえ権威を無くしているような。過去、現在、未来、その全ての中心にいるような感覚。幸福に満ちた喜びと、無感動の不幸。忘れようとしたもの全てと、ずっと望んできたもの。依存と自由。コミュニティと自立。シンボリックな解放のイメージと、無慈悲で豪華な要塞。ポルノグラフィックな極貧と神聖な欲望。

Alex 20130128 Nyc Biam0025
Alex 20130129 Nyc Biam 05 Pinkpony0022
Alex 20130129 Nyc Biam 05 Pinkpony0032
Alex 20130129 Nyc Biam 05 Pinkpony0038 Small
Alex 20130129 Nyc Biam Streets0065
Alex 20130131 Nyc Biam 07 Streets0002
Alex 20130206 Nyc Biam 04 Ludlowmusicstore0001
Alex 20150502 Oia 02 Brooklyn0019 Small

鏡が世界のヴィジョンを映し出すように、創造しては、破壊する。永遠の愛を信じる者にとってのロマンチックな幻想。新たな始まりを求める者にとっての避難所。輝くための明るい光を望んでいる者にとってのシアター。よそ者にとっての隠れ家。自身の沈黙から逃れてきた者にとってのうるさい人混み。過去のノスタルジアを写し続ける写真、思い描く未来。無名の作家、神秘的な炎、膝間づきたいという謎の欲望、縮んでいく自己の上昇…それらにとっては、忙しい通りだ。クリエーションの美しさ、そして、それと共にあるカオティックな自然災害。自らの権利の中で神となることがどんな味か、そして、真の人間らしさとは何かを意味してる。

Alex 20130130 Nyc Biam 01 Reperage0062
Alex 20130130 Nyc Biam 01 Reperage0067

僕は嵐の中で育った。それ以来、信じるには歳を取りすぎ、本当に気にかけるには若すぎる。多くが別れを言うために生きるとき、生きていると感じるために死ぬ者もいる。家のすぐ近くだと感じられるのと同じくらい、現実はたどり着くのに最も遠い場所のようにも思える。まるで、夢と実現のあいだの距離が、乗り越えるべき最も大きなものであるかのように。2016年3月1日、霧雨の夜、ブロードウェイを歩き、愛する人たちの笑いや驚きに囲まれながらワインを飲んだ…あの瞬間はニューヨークの街じゃなかった。そこに存在した眩しい光や輝くスカイラインよりも、断固として素晴らしいものだった。あの瞬間は家族だった…それほど素晴らしくシンプルだった。それほど勇気付けられた。家族…それが何であろうと、ありのままでいさせてくれるユニークな力。夢とその実現のあいだ。

ニューヨーク…”多くが別れを言うために生きるとき – 生きていると感じるために死ぬ者もいる”

– Alex

Alex 20130206 Nyc Biam 02 Interviews0029
Alex 20130207 Nyc Biam 03 Interviews0010
Alex IMG 4578 Small

コメントを残す

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択