再び

-     -

ニース連続テロへの言葉

“再び”…憎しみが、いつまでも消えない怪物のように恐怖を撒き散らしている。このような残虐行為が愛も色もない痛々しい思い出となるとき、新しい1日を思い描くのは難しい。

“再び”…世界がスローガンによって二分されているとき、映像として映し出されたテロは、マスメディアの視聴率合戦を生み、“事件”という言葉は文化的敵意のアジェンダを優先する政策の反映となる。

“再び”…人は攻撃され、打ちのめされ、奪い去られ、バラバラになり、急進的になり、孤独になり、恐れている…でも何よりも、人間味がなくなってしまった。

“再び”…多すぎるほど。いつだって、耐えようのない、受け入れられない、この宿命的な表現が僕らを悩ませる…”自分に何ができる?何か成されるべきことがあるんだろうか?”

でも”再び”、それは僕らに思い起こさせる。深い悲しみにも関わらず、僕らは今でも立ち続けているということを。動揺し、脆くなりながらも。この陰気な憎しみの侵略の前に、結束している。

“再び”…憎しみという暗い恥と向き合いながら、光の中にとどまるという勇気を僕らが持ち続けられますように。人生と愛への信仰を通して僕らは、無関心、 敵意、悪意に打ち勝てると信じられますように。

“再び”…自分の暗闇に対抗し、影の一種とならないようにするのが難しいのと同じくらい、人間を深く信じる心の地平線を越えて、いつか、”その他”の恐れによって生まれた不安から自由になって、”再び”、集まって祝福ができる日がくると信じられますように。きっと、その日は素晴らしい日になる。人々が例外なく、みんなで一緒に、築き上げることができる日になる。

だから今日は、僕の想い、僕の祈りを捧げると決めたよ…僕の兄弟、姉妹、友人、愛する人々、僕の言葉では苦しみが癒えることはないと分かっているし、きっと慰めにもならないかもしれないけど、僕の最も誠実で無償の愛を君に贈るよ…それぞれ違いがある中で、人を結ぶものは愛であり、それが互いの関係を築かせてくれるんだ…”再び”。

– Alex

コメントを残す

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択