Summertime Departures – NEØLYD

-     -

掲載:NEØLYD

原文はこちらから

Alex Henry Fosterと彼のバンドが最近行ったフェスティバル演奏は、啓示的であり、無限的であり、規模の大きな、画期的なパフォーマンスだと描写できよう。過去、ストリートギャングに所属経験があり、アムネスティ・インターナショナルのスピーカーでもあるフォスターは、これまでの人生で様々なことを経験してきた。負の状況を克服し、自分自身を取り戻したのだ。音楽に感謝である。この男のインスピレーションは、Swans、Sonic Youth、MogwaiやGodspeed You! Black Emperorなどが挙げられる。ヘヴィーロックとキャッチーなオルタナティブロックが混ざった彼の音楽に聴こえるインスピレーションは、爆発的なパワーをもたらすが、主に7人編成バンドとして演奏する際には、人々の心に底しれぬ深い穴をも覗かせる。

フォスターがバンドYour Favorite Enemiesを結成してから12年後、彼は2018年に古い仲間たちや友人と共に、ソロの旅を始めた。アルバム『Windows in the Sky』は、自主レーベルHopeful Tragedy Recordsよりリリースされ、瞬く間にiTunesカナダの”オールジャンル”チャートにてトップに躍り出た。『Windows in the Sky』は、フォスターにとって究極の免責宣誓である。彼は父親が亡くなったあと北米を去り、作詞をするためにモロッコはタンジェへと向かった。そして、もちろん新しい音楽に取り組むためにも。このアルバムにある中心的な瞬間、またアルバムの要とも言えよう楽曲「Summertime Departures」は、フォスターが自分自身と向き合ったものである。彼はこの曲をこう結論づけている:

“…そして、だからこそ今、僕自身の矛盾と脆さをもって正直に見てみて、「Summertime Departures」は、人が生涯を通して強い信仰を持とうと、または時間の経過と共にそれを忘れようとも、自分にとって最も心が痛む悲しみと、積まれた石のように耐え続ける愛を信じる決断のあいだには、永遠があるんだって伝える僕なりの方法なんだと分かったよ。”

今こそ、この作品にスポットライトを当て、リリースと共に最高位へと登り詰める時である。フォスターの2020年は大きなものになる。そして「Summertime Departures」はその始まりに過ぎない。サイン&番号入り12インチ重量盤クリアレコードは素晴らしいものだ。シルクスクリーン印刷に感謝である!もしも11分の時間があるなら、この曲の延長バージョンへと浸ることができよう。フォスターはこの曲をハンブルグで開催されたReeperbahn Festivalの3日間のショーケースで、彼のバンドThe Long Shadowsと共にパフォーマンスした。ビデオバージョンは2019年の夏に開催されたモントリオール国際ジャズフェスティバルにて録画されたものであり、この特別なバンドのセットアップで、どれだけ驚くべきパワーを与えられるかを証明している。

この春、Alex Henry Foster は彼のバンドとドイツに戻る。…And You Will Know Us by the Trail of Deadのオープニングとして、人々に感銘を与えてくれるだろう。

2020年2月12日 Köln – Stadtgarten
2020年2月13日 Bielefeld – Forum
2020年2月14日 (CH) Basel – Sommercasino
2020年2月16日 Reutlingen – Franz K
2020年2月17日 München – Strom
2020年2月18日 (AT) Wien – Flex
2020年2月19日 Berlin – Festsaal Kreuzberg
2020年2月21日 Hamburg – Stage Club (Neue Flora)

TIM BRÜGMANN
2020年12月22日

コメントを残す

アレックスのブログ

最新Instagramフォト

言語を選択