Summertime Departures / Sometimes I Dream [Official Live Video]

2019年7月5日、モントリオール国際ジャズフェスティバルの参加アーティストとして、Club Sodaにてアルバム『Windows in the Sky』より楽曲「Summertime Departures (Sometimes I Dream)」を演奏するAlex Henry Foster & The Long Shadowsの映像。

“僕がのちに「Summertime Departures」の歌詞となる言葉を書き始めたのは、眩い街タンジェに滞在していた時だった。深く混乱したまま、漂流するように辿り着いたんだ。その混乱の中心は、父親が亡くなったことにあった。父が亡くなってから、何も感じない生き物のように生きてきて、ずっと自分の心と正直に向き合うのを避けていたけれど、心に響く空虚感が、もう無視できないところまできていたんだ。

彼らが”今”という概念と、どう繋がっているかを見たことで、僕はもはや逃れられない視点を得た。それは、嘆き、生、死や自分自身を遥かに超えたものだった。だから、僕は書き始めたんだ。これほどまでに正直に、脆くなれるとは思っていなかったよ。これほどまでに自分の経験をさらけ出し、遂には、父親を手放し、自由にしてあげる方法を見つけられるとは思っていなかった。神聖な墓に石を積み上げるイメージで全て筋が通ったんだ…それが始まりだった。それが不思議な、けれど意味深い始まりであり、究極的には曲へと導いたんだ。考えとしては、人生で出会えていたであろう礎(人)を証明する”記録者”について…”共通の”石は、いかなる貴重な装飾品をも超越する。

じゃあ、最終的に僕らに残されるものは何だろうか。時が過ぎるとき、愛する人たちがいなくなるとき、大事な人たちの記憶と一緒に約束が消えるとき、名前が会話に出てこなくなるとき、大切にしていた人の一番の思い出がゆっくりと誰か違う人の心に移っていくとき、花々の鮮やかな色が消え失せるとき、時間がその誓いを守り、僕らに追いつくとき、夢や希望の輝きが枯れ、浜辺に立って全てを捨てる覚悟ができるのを待っている旅人たちや、時間という概念の前に純真さを失う子どもたちや、水を汲みながら滴ごとに衰えていく女性たち、視界からいなくなっていく老人たちのように顔のない魂になるとき、やがて見えなくなる素晴らしい命のように…風の中で方向を見失うとき…死に正しいも間違いもないとき…

そして、だからこそ今、僕自身の矛盾と脆さをもって正直に見てみて、「Summertime Departures」は、人が生涯を通して強い信仰を持とうと、または時間の経過と共にそれを忘れようとも、自分にとって最も心が痛む悲しみと、積まれた石のように耐え続ける愛を信じる決断のあいだには、永遠があるんだって伝える僕なりの方法なんだと分かったよ。” – Alex Henry Foster

カテゴリー
インタラクト
シェア
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on whatsapp
WhatsApp