“Windows in the Sky” インタビューシリーズ – Part 1

アレックス·ヘンリー·フォスターの1stソロアルバム『Windows in the Sky』を深く掘り下げましょう。ジェフ·ボーリュー(The Long Shadowsのベーシスト)によるインタビューにて、アルバムリリース前と後のアレックスの心境について、アルバムに込めた意味から、創作プロセスへと導いたものまで、知ることができます。

タンジェとモントリオールを行き来する中で書かれた『Windows in the Sky』は、仲違いしていた献身的な信仰者である父親が、長年に渡る癌との闘病の末に亡くなったことを受けて、感情的に孤独を感じていた脆い精神状態の中で制作されました。フォスターは、不信仰、悲しみ、孤独の本質を見つめながら、嘆きによる混乱の中に希望に満ちた方向性を見つけようとしています。

カテゴリー
インタラクト
シェア
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on whatsapp
WhatsApp