Part 7

アルバム『Windows in the Sky』について話したインタビューの最後を飾る第7弾にて、アレックスは、Your Favorite Enemies(ソロアルバム発売前から自身がフロントマンを務めるバンド)の今後について話しています。

コメントを送る

Part 6

『Windows in the Sky』に関するインタビューの第6弾となるこのインタビューで、アレックスは向き合わなければいけなかった暗闇と鬱について話し、鬱を抜けて、どう光を迎え入れたのかについて説明しています。アレックスにとって、音楽は光を再び迎え入れるために必要なものでした。

コメントを送る

Part 5

インタビューシリーズ第5弾となる今回の動画で、アレックスは楽曲「The Hunter (By the Seaside Window)」について話しています。この曲がどのように書かれたのか、作詞した時から、アルバムがリリースされるまでの間にどのように進化していったのかについて説明してくれています。外へ向けた視点から、内側へ向けた視点への変化について、その意味について話し、レコーディングセッション中に起きた出来事についてシェアしながら、あなたをスタジオへとお連れします。

コメントを送る

Part 4

全7回に渡るインタビューシリーズの第4弾にて、アレックスは自身初のソロアルバム『Windows in the Sky』の作詞プロセスについて説明しています。先に歌詞を書いて、そこに音を乗せていくことは、通常の楽曲制作とも、Your Favorite Enemiesとの取り組みとも異なるものでした。またアルバムのカバーについて、そこにある意味、それがどのように音楽を表現しているかについても話してくれました。

コメントを送る

Part 3

このアルバムが誕生するために、アレックス·ヘンリー·フォスターは家を出る必要がありました。彼はタンジェへと向かい、そこは新たな家となりました。1人になり、唯一の仲間は自分の考え、恐れ、夢だけでした。そこで抱いた様々な感情を言葉に綴ることで、自分自身と向き合い、やがてこのアルバムの制作へと導いたのです。

全7回に渡るインタビューの第3弾を見て、タンジェでの生活について聞いてみて下さい。

コメントを送る

Part 2

全7回に渡る『Windows in the Sky』についてのインタビューシリーズ第2弾で、アレックス・ヘンリー・フォスターは、ソロとしてスタジオで制作することと、 Your Favorite Enemies とのアルバム制作に関する大きな違いについて話しました。ソロアーティストでありながら、全員のものとして表現する感情的パラドックスから、自分の心をさらけ出したいと思いつつ、バンドというコンテキストの中に隠れていたいと思う矛盾についてまでシェアしてくれています。

コメントを送る

Part 1

アレックス·ヘンリー·フォスターの1stソロアルバム『Windows in the Sky』を深く掘り下げましょう。ジェフ·ボーリュー(Your Favorite Enemiesのベーシスト)によるインタビューにて、アルバムリリース前と後のアレックスの心境について、アルバムに込めた意味から、創作プロセスへと導いたものまで、知ることができます。

コメントを送る

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択