• When Freedom Is A Place In Time

    最新ブログ

    自由がいつか辿り着く場所であるとき

    ウェブロックマガジンBEEASTでのコラム連載より

    Read Now

憎しみ&爆弾に対する答えが愛であるなら…

-     -

ベルギー連続テロへの言葉

兄弟、姉妹、友人、隣人と愛する人たちへ向けたメッセージ

今朝、もっとも暴力的なアラームによって目が覚めた;無感覚状態

かつての敵がお気に入りの武器を持って、僕を襲ってきた;無力感、理解不能、怒り。まるで、この瞬間だけ全てがモノクロかのような暗さ。一瞬のうちに込み上げる感情を自制し、自分自身に問いかけた。「僕らの住む世界は永久にこんな状態ってわけか?」- 恐怖。

僕は、行方が分からないベルギーの兄弟、姉妹、友人や愛する人たちのことを、すごく心配してる。僕の心は、悲しみに打ちひしがれる人たちと一緒に哀れみ深く膝まづいている。そして残酷にも、彼ら自身の名のもと、多くの人の命を奪ったモンスターたちが同じ痛みを味わえば良いと、怒りに満ちている人たちをオープンに招待したい。

だから言葉を書こうと思ったんだ。でも、何を書けば良いんだ?何を共有すればいい?テロ、それが人生をぶち壊したように、テロ(恐怖)は、こういう同情心のある言葉を余分な空っぽの貝殻へと腐敗させてしまった。その中から響くのは、混乱の荒野の中で囁く自分の声。僕は言葉以外に何を与えられる?毎回、毎回、同じ質問をしているんだ:「自分に何ができる?」”もしも、何かすべきことがあるのなら”ってね。

今日の悲劇は、共感の言葉を使い古された追悼の言葉に変えてしまった。それは完璧に着飾り、他のどんな酷い機会にもきちんと沿うんだ。嘆きの沈黙を、疑わしい自己保存のための隠れ家へと変えてしまった。より良い明日への希望を否定する自分を隠すためのね。魂のない言葉は、ただの心ない音だ。僕はずっと昔に学んだんだよ。本当の心は、その独特な本質をごまかせないってね。たとえ僕の言葉に、僕自身が動揺し、どれだけ自分の無力さを感じ、果敢に戦うのにどれだけ疲れ果ててしまっていても、やっぱり放棄することはできないんだ。黙って何事もなかったかのように平然と過ごしたり、違う方向を見つめることはできないんだよ。

ブログカテゴリー

最新Instagramフォト

言語を選択